トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

腸美人になるために

W5gALPCdeZcTfOd1428562078_1428562832.jpg

このブログの管理人

はなえ

Author:はなえ
はじめまして。
はなえと申します。
1974年3月生まれ。

産後、健康で綺麗でいることとは無縁の生活をしてきました。

ですが、仕事復帰を機にもう一度本気で「キレイ」を目指すことにしました。


時間はかかると思いますが

「キレイへの道も一歩から」
「美は一日にしてならず」

をモットーに日々頑張っていきたいと思います。



はなえの詳しいプロフィールはコチラ

※免責事項です。


カテゴリ

はなえへのご連絡はこちらから♪

相互リンクも大歓迎です。
メールフォームからご連絡ください。
メールフォーム

月別アーカイブ

注目されている記事

RSSリンクの表示



無理なく自然にスッキリできる
日本で一番売れているオリゴ糖はコチラです。
→腸をきれいにしてくれるカイテキオリゴレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

水ようかんの簡単なつくり方~白あんで水ようかんを作っています~

最近毎日のように水ようかんを作っています。
アイスとかよりも体に優しそうだし、のどごしもいいかなぁと思いまして。。。

体に優しいあずきについてはこちらに書かせていただいてます。
→腸にやさしい食べ物~あずき~


P8100907.jpg


前は黒のこしあんで作ることが多かったのですが一度白あんで作ってみたらこれが黒よりもあっさりしていて食べやすいんですよぉ。
(黒は黒で美味しいですよ♪)


私の妹は水ようかんを食べる子ではないのですが白の水ようかんを食べさせてみたら「スゴイ!食べやすいね♪」って喜んでました。


白あんはあずきではなくいんげん豆からできています。
カロリーや栄養分はこしあんとほぼ同じですが食物繊維はインゲン豆の方が豊富だそうですよ。


それとカロリーも若干いんげん豆の方が低いようです。
あずきは100g 339カロリーなのに対しインゲン豆は333カロリー。


あんこ好きだけどダイエットもしたいという方には白あんをオススメします。


では、とっても簡単にできちゃう水ようかんの作り方をお教えしますね。







水ようかんの材料とつくり方


材料
あんこ(白でも黒のこし餡でも粒あんでもOK) 500g

ぼうかんてん                1本

水                     600cc    


P8100904.jpg
↑ ↑ ↑
実際に私が使っているあんこと棒寒天です。


つくり方
ぼうかんてんを分量外の水の中に入れて細かくちぎります。
P8100906.jpg
見えますかね。。。


水600ccを沸かしながらぼうかんてんを細かくすると時間短縮になります。
沸騰したお湯の中に細かくしたぼうかんてんの水を絞りながら入れます。


お湯の中でぼうかんてんが見えなくなるまで煮詰めます。
煮詰めたらあんこを入れてあんこが溶けるまでまた煮詰めます。


あんこが溶けたら器に流し込んで粗熱をとってから冷蔵庫で冷やします。
※粗熱をとってから冷やさないと分離してしまいますので必ず粗熱はとってくださいね。


私は粗熱をとる時、布巾かタオルを濡らしてその上にタッパを置いてその中にようかんを流し込み粗熱をとっています。


つくり方はこれだけです。
簡単ですよね。
15分もあれば作れちゃいます。


でも実際に作ってみるとわかるのですがぼうかんてんはそんなに簡単には全部は溶けません。
なので、気になる方はこしながら入れ物に流し込む方がいいです。


それから出来上がりの画像を見ていただければわかると思いますが私は水ようかんが固まったらひと口サイズに切って冷蔵庫に入れておくようにしています。<食べたい時にすぐ食べられるように( ̄∀ ̄)>


水ようかんは簡単に作れる上にアイスやスナック菓子よりは絶対に体にいいのでオススメしたい夏の食べ物の一つです。





関連記事

応援していただけると嬉しいです。
   ↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

このエントリーのタグ: 美容 健康 インゲン豆 白あん
コメント

応援お願いします♪

☆オススメです☆

最新記事

最新コメント

リンク

最近書いた記事です

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。