トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

腸美人になるために

W5gALPCdeZcTfOd1428562078_1428562832.jpg

このブログの管理人

はなえ

Author:はなえ
はじめまして。
はなえと申します。
1974年3月生まれ。

産後、健康で綺麗でいることとは無縁の生活をしてきました。

ですが、仕事復帰を機にもう一度本気で「キレイ」を目指すことにしました。


時間はかかると思いますが

「キレイへの道も一歩から」
「美は一日にしてならず」

をモットーに日々頑張っていきたいと思います。



はなえの詳しいプロフィールはコチラ

※免責事項です。


カテゴリ

はなえへのご連絡はこちらから♪

相互リンクも大歓迎です。
メールフォームからご連絡ください。
メールフォーム

月別アーカイブ

注目されている記事

RSSリンクの表示



無理なく自然にスッキリできる
日本で一番売れているオリゴ糖はコチラです。
→腸をきれいにしてくれるカイテキオリゴレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

睡眠でお肌のハリを取り戻す

睡眠不足は美容の敵です。

いくら自分にあった化粧品を使ってても
吹き出物ができたり
目の下クマが消えなかったり
098709.jpg




あなたはきちんと眠れてますか?

「7時間は寝てる。」と言う人
それは何時~何時までの8時間なんでしょう。

1時~8時まででも7時間。
11時~6時まででも7時間。

同じ7時間なんだけど
睡眠というのはただ寝ればいいだけじゃないんですね。

肌のハリを取り戻すためには寝る時間も大きく関係しているのです。










何故寝る時間がこんなにも重要なのかという成長ホルモンが関係しているんです。
成長ホルモンは究極の美容液という方もいらっしゃるくらい
大切なものなんですね。

この究極の美容液である成長ホルモンを効果的に分泌できれば
私たちはキレイでいられるということなんですね。

成長ホルモンの分泌で肌の潤いを保つことができます。
他にもお肌のハリや弾力も取り戻せます。

起きている間に起こしてしまう
肌へのダメージさえも修復してくれるんですね。

はなえも以前はよく夜ふかしをしていました。

寝なければいけないのが分かっていても
子供や旦那さんが寝た後に自分一人の時間を楽しみたいと
思っていたんですね。

でもそうすると今度は朝起きるのがダルクなる。
買い物にもいかなければいけないのについつい後回し。
お昼寝をしてしまう。だからまた夜眠れなくなる。

こんな感じでかなり悪循環な生活をしておりました。

今はもう23時くらいに寝るようにしています。
遅くても23時30分くらいかな。

で、はなえはお布団に入る時間を変えただけで肌の調子は良くなりましたよ。

なんで早くお布団に入ったほうがいいのかというと
成長ホルモンが優位にたつ時間帯があるからなんです。

寝ている間に分泌されるホルモンが2種類あります。
成長ホルモンとストレスホルモン。
ストレスホルモンはコルチゾールといいます。

ストレスホルモンが分泌されてしまうと
成長ホルモンは分泌されにくくなるんですね。

そしてこのストレスホルモンが分泌される時間帯が
夜中の3時。
だとすると成長ホルモンは夜中の3時までは分泌が盛んだということ。

眠りに入るのが23時のはなえには
成長ホルモンがバッチリ味方してくれるということなんですね。

肌のゴールデンタイムは22時から2時まで
という話も聞いたことがあるかと思います。

だけど今この現代で22時に眠れといのは
あまりにも難しい話だと思います。

だけど12時ならなんとか眠れそうじゃないですか。
成長ホルモンが分泌されるのが眠ってから最初の3時間。
だとすると12時に寝ても成長ホルモンはあなたの味方になってくれます。

少しだけ眠る時間を意識してみませんか。

キレイへの道も一歩から。
美は一日にしてならず。




関連記事

応援していただけると嬉しいです。
   ↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

コメント

応援お願いします♪

☆オススメです☆

最新記事

最新コメント

リンク

最近書いた記事です

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。